悪質な交通事故の場合

交通事故で、相手側が悪質なドライバーである時にはどのような刑事罰が科されるのでしょうか。
悪質な交通事故を未然に防ぐため、新しい「自動車運転死傷行為刑罰法」という法律が制定されました。
2014年には新しい法律が制定され、以前の「危険運転致死傷外」「自動車運転過失致死傷罪」よりも刑罰が重くなっています。


悪質な交通事故には、無理な追い越し、ひき逃げ、スピード違反、信号無視、幅寄せ、暴走、飲酒運転、薬物使用、病気の為等があります。
他にも保険に無加入で運転した、保険金を受け取るための故意の交通事故にもあてはまります。


新しい法律で付け加えられた罰の1つの例では、ひき逃げ犯に適用される「発覚免脱罪」です。
一方、厳しい罰に対して緩和を求める声もあり、適用される場合があります。
しかし、悪質な交通事故では以前より幾年も刑罰期間が長くなります。


悪質な交通事故ではその事実を立証することが難しく思えても、警察の捜査により加害者の責任が問われ、被害者側は損害賠償を受け取れます。
加害者は、被害者の怪我の程度にもよりますが、損害賠償責任、免許はく奪、刑事責任が課されます。
過失で死亡に至った場合、懲役、禁固刑、罰金が科されます。


悪質で重い責任が加害者にある場合、さらにそれを隠そうとした人には、「危険運転傷害罪」が適用されます。
大変重い刑罰です。
これには上記で述べた内容で、運転不可能な状態なのに運転した場合に適用されます。
自動車運転処罰法に基づきます。


【管理人推奨リンク】
悪質な交通事故に遭った際に弁護士に無料で相談出来るサイトです → → 交通事故 弁護士

Copyright © 2014 悪質な交通事故 All Rights Reserved.